2012年

2月

13日

Never See Tomorrowが凄すぎる件

Never See Tomorrow

オーストラリアのウロンゴンという街の出身らしいこのバンド。

myspaceのプロフィールを見ると「アマチュア」。

やっている音楽はメタルコアで、それ以上でもそれ以下でもない。が、「これでアマチュアって、どんだけだよ!」というくらいクオリティは高い。演奏もヴォーカルも実に堂々としたもので、作曲センスもアマチュアレベルを遥かに超えてる。

発売されたのかデモなのか不明ながら、8曲入りのEP「To The Depths」が現在のところ耳にすることのできる唯一の音源。音源が入手不能なのでYouTube等で聴くしかない現状…。どこかで公式的に入手できるのなら間違いなくソッコーで買うレベル。

まぁ、今年の中頃にはやっとアルバムが発売されるらしいが、それがインディーズ的に細々と発売されるのか、ドーンと世界的に発売されるのかは不明。

というわけで、遠く地球の反対側から猛烈プッシュする意味でYouTube等の音源からデモEP?のTo The Depthsをレビューしてみようと思う。

 

1曲目はIntroの名の通りなのでスルー。

で、本編の2曲目Here's Looking At You Kid

イントロはユルいスクリーモ系を思わせながら、voが入るといかにもオージー系のメタルコアという感じの男臭さ。I Killed The Prom Queenもそうだったが、スクリームの声質が低音のかすれた声というのはオーストラリアの特徴なのだろうか?

スクリームで疾走するパートは幾分単調とも言えるが、中盤からのブレイクダウンと疾走パート、それに続く魅惑のクリーンvoパートの連携プレイは悶絶必至のカッコ良さ。

 

3曲目のShe Loves Me,She Loves Me Not

ストレートなメタルコア曲。いきなりクリーンvoで入るのでスクリーモっぽいけど。その後はスクリーム多め。途中からの疾走感とクリーンvoのパートのユルさが何とも言えない。

 

で、アルバム1・2を争う良曲の4曲目Hope Is Onley Skin Deep

絶叫からの入りで気合い注入。その後も期待を裏切りません!

I Killed The Prom Queen直系とも言えるメタルコア曲だが、クリーンvoパートはスクリーモ系の心地良さを持っている。やっぱりこのクリーンvoは俺の好みだ。いやスクリームも好きだが。

前半のスクリームを伴った疾走はデスコアっぽく、そこからクリーンvoのパートやGソロではロック調に展開。後半にまとめてブレイクダウンというのはちょっとだれるが…

 

次の1000 Milesはカバー曲

いい感じでスクリームしてます(笑)

いや、ホント、良質のカバーだと思いますよ。

 

6曲目What Shall We Die Forは4曲目と甲乙つけがたい良曲

このデスコアっぽさがカッコイイ!

で、クリーンvoのパートはロック調に転調する落差がクセになる。

これがホントにアマチュアのセンスか?というくらいのクオリティ激高楽曲。

 

7曲目Hold Your Tongue

メロデス(笑)

もう、いきなり極悪低音デスヴォイスからスタート。そこから徐々にメタルコア方面に体勢を持ち直してクリーンvoのかけ声を絡ませて、サビではクリーンvoで歌い上げる…。なんじゃ、その展開は?という摩訶不思議な楽曲。いや、マジですげぇよNever See Tomorrow

4・6・7曲目はヘビロテ確実ですね。

 

ラスト、8曲目のTo The Depths

EPのタイトルソングですが、いきなり叙情的にスタートです。

しばらくの間はミドルテンポで重めに進行するんですが、そこはもちろんNever See Tomorrowなので、怒濤の疾走が待ち構えてますよ。ホント、疾走するパートやブレイクダウン、歌い上げるクリーンvoのパートが実にバランスいいのがこのバンドの持ち味でしょうね。

 

というわけで、全8曲。

なにこの作曲センス!?

このEPが買えるなら今すぐに買うよ、絶対に。

 

音楽的にはメタルコアで間違いないのだが、デスコアっぽい部分を絡めたり、低音のスクリーム…というかデスヴォイスとも言える極悪声、歌い上げるクリーンvoのパートなどは同郷のIKTPQの影響が多大だけど、それにとどまらないスクリーモからの影響やオルタネイティブ・ロック系からの影響など、多彩なジャンルから吸収したエッセンスを楽曲に反映させるセンスはIKTPQ以上。

今年にアルバムが発表されるらしいので、ぜひ日本で発売を!

 

Never See Tomorrow - myspace

 

2012年2月19日追記

彼らのFacebookページがありましたね。なんで気づかなかったんだろ。

そこでこのEPの楽曲がダウンロードできます。

ぜひダウンロードして、Never See Tomorrowを応援しましょう!

現在ヘビロテ中!

Twitteやってます!